1. 人気商品!カマグラPOLOを通販で手に入れよう!   >  
  2. そもそもジェネリックとは

そもそもジェネリックとは

パソコンのうえに人形のビジネスマン2体

ジェネリック医薬品という言葉を一度は聞いたことがある人、多いのではないでしょうか。
では、その内容を具体的にどの程度、把握していますか?ここでは、ジェネリック医薬品とは何かを改めて紹介したいと思います。

先発医薬品は特許で守られている

先発医薬品は特許で守られているため、特許期間があるうちは、その会社が独占で販売をすることができます。会社側からしても、長い年月をかけ、コストもかかっている新薬なので、どうしても価格が高くなってしまうのは納得ですね。
特許期間も永遠ではないので、ジェネリック医薬品のように、特許がきれたあとに同じ有効成分を使い、開発が進むというわけです。

ジェネリック医薬品=後発医薬品

先発医薬品は新薬と呼ばれ、膨大な年数とお金がかかっているのが特徴です。先発医薬品が膨大な時間がかかる理由の1つに、有効成分を新しく作りだすことに時間がかかるからです。その点、ジェネリック医薬品は、先発医薬品の有効成分を使うことで、その時間を短縮し、コストも減らすことができるのです。
そのため、消費者のもとへ製品として発売されることには、同じ有効成分でありながら、金額面が大変お手頃になっているのです。

が認めなければ販売されない

ジェネリック医薬品は新薬と同じ効能で、国が安全であると認められなければ、製造や販売も認められません。また、新薬と同様に、製造される際にも、国が定める厳しい基準をクリアしなければいけません。また、国の基準も、一昔前までは動物実験だけですませていたようですが、ジェネリック医薬品となってからは、審査基準が一新されています。

ED治療薬も体の中に入るものです。ジェネリック医薬品の背景を理解するだけで、より安心して利用できますね。